FC2ブログ

【SALOON ヘアサロン ネイル まつげエクステ ブライダル / うつぼ公園沿いの完全予約制トータルサロン /大阪梅田新町京町堀江戸堀阿波座北浜堀江肥後橋淀屋橋北浜ネイルまつげエクステ

SALOON ヘアサロン ネイル まつげエクステ ブライダル / うつぼ公園沿いの完全予約制トータルサロン

アルコールクリエイティブ

イリノイ大学の研究員、アンドリュー・ジャローズ氏は、アルコールが脳に与える影響を調べるため、40人の被験者を対象にある実験を行った。被験者のうち20人には、血中アルコール濃度が0.075パーセントに達するまでお酒を飲んでもらい、残りの20人にはシラフでいてもらう。

アメリカで定められている血中アルコール濃度の法的制限値は、0.08パーセントであり、これ以上での運転は違反となる。つまり、被験者が摂取したアルコール量は、ぎりぎり飲酒運転で逮捕されない程度ということだ。

ちなみに、日本では0.03パーセントで酒気帯び運転となる。目安として、体重60キロの男性の場合、ビール500ミリリットル弱で、血中濃度0.03パーセントに達するといわれる(個人差があるので、あくまでも目安の数値)。

ジャローズ氏は、20人の被験者たちの酔いがほどよくまわったところで、40人全員に直観力を試す問題をいくつか出した。例えば、次のようなものだ。
 
「勘、梨、火事」。この三つの言葉の前に、共通してつく単語は何か。
 
みなさん、おわかりだろうか。そう、答えは「山」である。このような問題を出して、被験者たちがどれだけ多く、そして早く答えられるかを調べた。

すると、お酒を飲んでいない被験者たちの正解数は、平均で6問、ひとつの問題にかかった時間は、平均15.2秒だった。それに対し、アルコールを摂取した被験者たちは、平均正解数9問、平均回答時間11.5秒だったという。

つまり、お酒を飲んだ人のほうが、シラフの人よりも早く、正確に問題を解いたのである。実は、被験者たちには、実験前にも同様の問題を出しており、そのときは40人全員の正解数と回答時間に大差はみられなかったそうだ。

ジャローズ氏は、「適度の酔いは、直観力や想像力に良い効果をもたらすようです。少量のアルコールでも人の集中力は乱されますが、そのせいで頭が柔らかくなり、物事を柔軟に考えられるようになるのだと思います」と語っている。

「また、人は酔っているときのほうが、ミスを恐れないため、よりクリエイティブな発想ができるようになるとも考えられます」とのこと。
スポンサーサイト



  1. 2013/12/27(金) 21:45:19|
  2. 美容師プライド名言ーpride
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0